アルコールコンプレックスの相談

だれでもコンプレックスはあるものです。私で良かったら相談してくださいね。

↓↓↓

「少し珍しいコンプレックスかも知れませんが、 私はアルコールコンプレックスです。

もう少し分かりやすい言い方をすると、 お酒が飲めないことを非常に気にしているので人付き合いが上手く出来ないことがある、ということになるかと思います。

私は普通の男性サラリーマンなので、 仕事の付き合いを含めてお酒に誘われることが多々あります。

その場で色々な話をすること自体は好きなのですが、 中には「俺の酒が飲めないのか」的なことを言う人もいるので、 ついつい腰が引けてしまうというのが実情です。

また、誘われた時に「お酒が飲めないのですが・・・」と説明するのも、 最近では段々と面倒になってきたので、 日常生活の中でお酒に誘われそうな雰囲気を避けてしまう習慣が身についてしまいました。

しかし、これはサラリーマンとしてはいけない習慣です。 お酒に誘ってくれるということは、少なからず私のことを「仲間」だと思ってくれているから誘っている訳で、お酒に誘われないようにしていては「仲間」であることをお互いに認識する力が弱くなってしまうのです。

これでは「イザ」という時に私を助けてくれる人は誰もいなくなってしまいます。

ただ、ここまで分かっていても、どうしてもお酒の席で飲むことを強要されるのがトラウマになっていて、同僚や取引先の人と「飲みに行きましょう」という流れになりそうな会話を自然と避けてしまいます。

もはや20年近い歳月の中で育まれてしまった習慣を治すことは難しいように思えます。

学生の頃居酒屋でアルバイトをしていたことがあったのですが、その頃はもう二十歳を過ぎていましたのでお客様にお酒を勧められることもよくありました。他の人はお酒が飲めるのでお客様にいただいて楽しく飲んでいたのですが、私はお酒が飲めないのでだんだんとお客さんも離れていくっていう言い方はおかしいですが、あまり可愛がってもらえる方ではありませんでしたね。

ただ、このアルコールコンプレックスですが、お酒が飲めない人間同士だとものすごくプラスに作用します。程度の差こそあれ、お酒が飲めない人間は同じようなコンプレックスを抱えて生きているので、巡り会ったときには非常に親近感を覚えるのです。

とは言ってもこのような巡り会いは、本当に稀な出来事なので、 お酒を飲みに行く雰囲気を避ける習慣を治した方が良いのかも知れませんね。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です